トップ » 農業実践教室とは » オプション講座

オプション講座

 農業実践教室では、オプション講座をご提供しています。

オプション講座内容

野菜を作り始めると、関心を持つ世界が、野菜から料理、ハーブ、健康・環境等様々な方面へ広がっていく方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

農業実践教室では、野菜作りとはまた少し違った、けれど関係の深い内容の講座をオプション講座としてご提供します。

2017年から、一般の方もご参加していただけるようにいたしました。

科学的な有機栽培で育てた「健康な大豆」で作る味噌づくり教室

農業実践教室で栽培している大豆は、固定種といって、品種改良されていない、昔から大事に種を取り続けて守られてきた「小糸在来」という品種です。大豆の分類でいうと「青大豆」というグループの品種で、種(豆)が薄い緑色をしていて、とてもきれいな豆です。枝豆として、若いときに収穫すると、香りと甘味が強い美味しい枝豆として食べられますし、味噌や豆腐に加工しても、非常に旨味と甘味のある美味しいものになります。

大豆として食べる豆は、翌年の種そのものです。農業実践教室では、毎年自分達でこの大豆の種を取って保存しています。こうして自分達で種を取って保存していくことを「自家採種(じかさいしゅ)」と言います。少し手間がかかりますが、大切な種を子孫に残していくための大事な行為です。

ところで、農業実践教室の畑は、土壌分析をして、必要な肥料を必要な量だけ入れるようにして、土の肥料バランスを作物に最適な状態に整えています。大豆を栽培しているエリアでは、春に麦を撒いて畑にすき込み、その上でたっぷりの植物性堆肥を入れます。はっきり言って、とても贅沢な環境です。さらに、土壌分析して明らかになった必要な肥料を正確に入れています。入れる肥料の中でも特にミネラル類を重視して入れています。人間の健康にとって、ミネラルの重要性を指摘されているように、作物が健全に育つために、ミネラルは必要不可欠です(なお、今、日本の畑の多くでこのミネラルは不足しています)。

そうして、念入りに整えた畑で、自家採種した種を播いて大豆を育てています。土づくりをしっかりしているので、近年の天候不良でも収穫量と品質に大きなダメージはなく、2017年もとても良質の大豆をたくさん収穫することができました。

科学的な有機栽培で健康に育った大豆を使って、美味しい味噌を作ってみませんか?

農ぎょじゅこの大豆と、生麹、ミネラルたっぷりの自然塩を使った味噌づくり講座を畑で開催します。

美味しくて安全な手前味噌を作ってみませんか?

スケジュール

日にち 時間 定員
1回目:2018年1月20日(土)  10:30~12:30 

残4名    

2回目:2018年2月10日(土) 10:30~12:30

残8名

※1回目はおかげ様で満席になりました。ありがとうございました。

※2回目申し込みは締め切りました。

場所・アクセス

農業実践教室 

場所:千葉県千葉市若葉区

地図はこちら

 ※上記をクリックして出ない場合、グーグルで「農業実践教室」と検索していただくと、地図が出てきます。

◇お車でお越しの場合
   京葉道路 貝塚IC下車、または東関東自動車道四街道IC下車      
 
◇公共交通を利用する場合
  1. JR千葉駅→京成バス「御成台車庫行き」(乗車時間約30分)→千城台駅下車 
  2. JR都賀駅→千葉都市モノレール千城台行き(乗車時間約8分)→千城台駅下車 
  3. JR千葉駅にて千葉都市モノレール千城台行き(乗車時間24分)→千城台駅下車
 【ご参考】
  ※公共交通でお越しの方は、千城台駅から弊社車でピックアップさせていただきます。
 

参加費

5,800円/人

持ち帰り味噌量

3kg程度(仕上がり量)

申し込み・問い合わせ

お申込みは締め切らせていただきました。ありがとうございました。

※先着順で締め切るので、お早目にお申込みください。

[ ログイン ]